貧血を防ぐため、便秘の予防のため


妊娠中に必要といわれている栄養素はたくさんあるのですが、その中でも葉酸鉄分は非常に重要視されている栄養素である事は知っているでしょう。

しかし、葉酸は妊娠中常に摂取しておきたい栄養素なのですが、鉄分はたくさん摂るのではなく、少量でも少しずつ摂取した方が良いと言われています。

鉄分は貧血を防ぐ為には欠かせない成分で、妊娠初期の頃はあまり摂取しなくても問題ないと言われていますが、妊娠後期になってくると少し多めに摂取する必要が出てきます。

その理由は、胎児にも血液が十分にいきわたるようにしなければいけない為なのですが、鉄分ばかりを摂取している訳には行きませんので、不安な場合には医師と相談して、鉄分が多く含まれているサプリメントを摂取するのも良いでしょう。

更に鉄分と同時にカルシウムもしっかり取っておく必要があり、胎児の骨格を作る為にカルシウムは欠かせません。

その時には葉酸をしっかりと摂取しておく必要があるのですが、葉酸は鉄分の吸収を促進してくれる働きがありますし、食物繊維もたくさん含まれている食品が多いので、便秘の予防にも効果があります。

ですが、葉酸は体に蓄積する事があまり無く、すぐに消化されてしまう為、毎日摂取するように心がけなくてはいけません。

葉酸を多く含んでいる食材と言えば、ホウレンソウブロッコリーニンジン大豆製品が有名ですが、どうしても葉酸が足りなくなっている場合には、やはりサプリメントで補っておく事をお勧めします。

※最近の研究で、妊婦に勧められている葉酸の摂取については、時期と量を適切にするよう研究者らが呼びかけているようです。過剰に取ると胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されているようです。メドとしては、食事以外に1日1ミリ・グラムを超えないよう注意すること。そしてまず、医師や管理栄養士にも相談するのが安心ですね。

 

チェックキーワード:

このページのトップへ